「腰・背骨」を鳴らす

腰・背骨骨ポキのグラフ

骨川ポキ夫

こちらでは、「腰・背骨の関節」を鳴らす方法についてまとめています。

「腰・背骨の関節」動画

「腰・背骨の関節」グラフ詳細

 得点解説
5音は、体の中でもトップクラス
衝撃5衝撃も、体の中でもトップクラス
回復力360分~120分
鳴らしやすさ4誰でも、腰をひねると「鳴りやすい」という点から4点にしました。
痛み2ほぼ痛みはありません
永続性5私の場合、30年間、毎日鳴らしてますが、衰えはなし。

「腰・背骨の関節」正式名称

胸椎・腰椎 椎間関節

point
腰と背骨の関節の正式名称は、それぞれ

胸椎椎間きょうついついかん関節
腰椎椎間ようついついかん関節

と言います。
腰の骨(腰椎)は5個
胸の骨(胸椎)は12個あります。

骨同士を繋いでいる関節なので椎間関節ついかんかんせつと言います。

「腰・背骨の関節」鳴らし方

骨川ポキ夫

こちらでは、自分ひとりで「腰・背骨」を鳴らす方法を紹介しています。

人にやってもらう場合は、もっと上の方の背骨まで鳴らせますが、自分一人だと、難しいです。
一人で鳴らせるのは、腰~下部胸椎までです。

イスに座りながら「ひねる」

イスに座って腰をひねり、鳴らす

骨川ポキ夫

イスに浅く座り、両ひざを手で持って、体をひねります。

床に座りながら「ひねる」

床に座って、腰を捻り鳴らす

骨川ポキ夫

片方のひざを立てます。
反対のを、ひざに引っ掛けてひねります。

寝ながら「ひねる」

寝ている状態でひねり関節を鳴らす

骨川ポキ夫

股関節を90°ほど曲げた状態でひねっていきます。
鳴りにくい場合は、自分でお尻を押すと鳴りやすくなります。

反らす

腰を反って、鳴らす

骨川ポキ夫

ヨガの「コブラのポーズ」をします。
これは、私でもたまにしか鳴りません。
「ひねる」ほうが鳴りやすいです。

「腰・背骨の関節」マイストーリー

ポイント
あれは忘れもしません、私が小学1年生の頃です。
夕方にアニメ「北斗の拳」を寝転びながら見ていました。

なんとく、腰をひねった時に「バキボキバキ・・・・っ」

私は「体の秘孔をついてしまった、、、気持ち良い、、、」
これが、きっかけで何度も腰の骨ポキを試す日が続いたのです。

そして、これこそが私のポキラー人生の始まりとなります。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です