「ひざ」を鳴らす

膝関節の骨ポキグラフ

骨川ポキ夫

こちらでは、「ひざの関節」を鳴らす方法についてまとめています。

「ひざの関節」動画

「ひざの関節」グラフ詳細

 得点解説
3平均的な音
衝撃3衝撃も平均値です
回復力390分~120分
回復はやや遅め
鳴らしやすさ1立っていることが前提
さらには、コツも要する
痛み2さほど痛くはない
永続性320年以上鳴らしています。
昔に比べると、若干、弱くなったような気がしています。

「ひざの関節」正式名称

膝関節の名称

point
ひざには、主に2つの関節があります。

膝蓋大腿しつがいだいたい関節(PT関節)
大腿脛骨だいたいけいこつ関節(FT関節)

一般的には、ひざ関節と言います。
上脛腓じょうけいひ関節は割愛)

「ひざの関節」鳴らし方

傾ける

ヒザを傾けて鳴らす

骨川ポキ夫

ひざを内側に、傾けると関節が鳴ります。
やりにくい場合は、を添えてみるといいかもしれません。

多少の勢いをつけたほうが鳴りやすいですが、関節を痛める可能性があるのでやり過ぎにはご注意いただき、自己責任でお願いいたします。

ひざ歩き

ひざ歩きで関節を鳴らす

骨川ポキ夫

ひざ歩きをすることによって、膝蓋骨しつがいこつ(ひざのお皿)が、圧迫されて関節がなる場合があります。
(私は、最近はめっぽう鳴らなくなりました。(汗))

この場合は、膝蓋大腿関節(PT関節)が鳴ることになります。

「ひざの関節」マイストーリー

ポイント
高校生くらいの時だったと思います。
歩いている時に、クルッと180°のターンをかました時に、ヒザがポキっとなりました。
「気持ち良い・・・」

ほんと、この骨ポキというのは、日常の動作から、発見することが多いので面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です