「関節鳴らし」が「気持ち良い理由」5つ

ストレッチ イメージ

骨川ポキ夫

「関節鳴らし」って、気持ち良いですよね。
私も大好きで、30年間毎日、鳴らし続けてきたわけですが。

こちらのページでは、「関節鳴らし」が気持ち良い理由について迫りたいと思います。

1:ストレッチ効果

ストレッチ イメージ
「関節鳴らし」には、関節を伸ばす「ストレッチ効果」があります。
ストレッチにより、筋肉を伸ばすので、気持ち良いと言えます。

2:音による快感

「関節鳴らし」は、音によっても快感を得ます。
プチプチシート
プチプチシートが、やみつきになる理由の一つに「音」があるように、
「関節鳴らし」も、パキっと鳴るのが、気持ち良いのです。

3:衝撃による快感

衝撃 イメージ
「関節鳴らし」は、音だけではありません。
衝撃もあります。
この衝撃が、音と同時に起こることも、気持ち良さの秘密でしょう。

4:達成感

達成感 イメージ
人間には、「達成感」という快楽がありますよね。
簡単なもので言えば、ゴミ箱に「ゴミ」を投げて、入ると気持ち良いですよね。

「関節鳴らし」の場合も「あーそろそろ鳴るかな」と、推測をたてて関節を動かします。
その時に「パキッと」鳴ると「やっぱり鳴ったか」という達成感も、気持ち良いのです。

5:優越感

優越感イメージ
人間には、優越感という快楽があります。
例えば、ブランド物の服を着ていると優越感に浸れますよね。

「関節鳴らし」も、人前で「バキボキ」とやると、ポキラー以外の人は、「なぜそんな芸当ができるんだ?」と驚くのです。
その時に「フッフッフ」という優越感に浸れます。

たとえ、人前でなくても「こんな関節鳴らしができるのは、すごいだろ」という優越感を感じることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です