「手首」を鳴らす

手首の骨ポキグラフ

骨川ポキ夫

こちらでは、「手首の関節」を鳴らす方法についてまとめています。

「手の指の関節」動画

「手首の関節」グラフ詳細

 得点解説
2音はやや小さめ
衝撃2衝撃も少なめ。
場所によっては、あり
回復力260分~90分
鳴らしやすさ2片手バージョンはラク
両手バージョンは、鳴らしにくい
痛み5鳴らし方にもよるが、痛い
永続性2曲げるタイプは、昔は鳴っていたが、今な鳴らなくなった。

「手首の関節」正式名称

橈骨手根関節

point
正式名称は橈骨手根とうこつしゅこん関節と言います。
一般的には、手関節しゅかんせつと呼びます。

手関節を成しているのは、太い骨(橈骨)だけで、細い骨(尺骨)とは、成しません。

「手首の関節」鳴らし方

骨川ポキ夫

基本的には、曲げたり、ひねったりです。
やり方によっては、痛いのでムリをしないようにしてください。

手首を曲げる

手首 関節鳴らしテクニック

手首 関節鳴らしテクニック2

手首をひねる

手首をひねって鳴らすテクニック

手首をまわす

手首を回して鳴らす

コメントにおよせいただいた「鳴らし方」

1:恋人つなぎ

恋人つなぎ

2:「マウスだこ」と「手首中央」を合わせる

手首の関節鳴らし「マウスだこ」と手首の位置

3:手首を引く

右手は「恋人繋ぎ」をガッチリと握りつつ、「マウスだこ」をやや前方に押し込む。
左手は、リラックス状態にしつつ、手首を引く。
すると、関節が離れ、音が鳴ります。
手首の関節鳴らし3
反対の手首を鳴らす場合は、左右を逆にします。
「マウスだこ」の部分にて、関節のロックがかかる高等テクニックです\(^o^)/

「手首の関節」マイストーリー

ポイント
初めて手首の骨ポキ(関節曲げ)を見たのは、中学生の頃に、友人が鳴らした時でした。
そのとき「痛くないの?」と友人に聞いたら「痛い」と言ってたのが印象的ですね。(笑)

私もすぐにマネをしましたが、本当に手首が痛かったです。(下に曲げるやつ)
しかも、痛みのわりには、鳴らなかったりしたので、すぐに封印をしました。

がしかし、20代頃に偶然に「ひねり」テクニックを発見。
この「ひねり」テクニックだと、あまり痛くないので、いまでもたまに鳴らします。

骨川ポキ夫

他の骨ポキに比べると、気持ちよさがイマイチなので、私ですらあまり鳴らさない場所ですが、参考にしてください。

4 COMMENTS

kk

骨ポキ専門サイトとは面白いですね(笑)

手首は引き抜くとめちゃくちゃ気持ちいいですよ!
個人的には親指付け根の上位互換です

やり方は
①恋人つなぎの状態でしっかり握る
②左手(鳴らす方)のみ脱力する
③右のマウスだこができる部分を左手首の中央に押し当てる
④③を中心に①と左腕を逆方向に引っ張ると、左手首が抜けたようにゴッと鳴ります

ぜひお試しを〜

返信する
骨川ポキ夫

コメントありがとうございます。
教えていただいた方法を、実際に試し、さらにこのページにて紹介させていただきました。

手首のロックのかかり具合がなんとも言えない高等テクニックですね。
こんな方法は、初めて見ました^^

私の手首では、まだ鳴らせていませんが、手首の角度や、手首の調子など、試行錯誤を繰り返して、チャレンジしていきたいと思います。(笑)

返信する
まめすけ

こんにちは
私もかなりのポキラーです笑
私が手首を鳴らす時は、
①仰向けになって後頭部の中心と手首の中心を合わせるように腕枕(手枕?)をする。
②頭を床に押し付ける+腕を引っ張る
ベッドの上とか枕の上だとやりやすいです。
結構大きめの音が鳴って気持ちいいですよ^^*

返信する
骨川ポキ夫

コメントありがとうございます。

教えていただいた方法を実際に試してみましたが、鳴りませんでしたw
試行錯誤しながらチャレンジしてみます( ^∀^ )

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です