「足の付け根」を鳴らす

リスフラン関節骨ポキグラフ

骨川ポキ夫

こちらでは、「足の付け根の関節」を鳴らす方法についてまとめています。

「足の付け根の関節」動画

「足の付け根の関節」グラフ詳細

 得点解説
3平均的な音
衝撃3平均的な衝撃
回復力360分
鳴らしやすさ2基本的には両手が必要。
しかし、「骨川ポキ夫」クラスになると、「床押し」「手を使わない」のテクニックが使える
痛み2「床押し」だけ、ちょっと痛い
永続性410年以上鳴らしてますが、衰えなし

「足の付け根の関節」正式名称

リスフラン関節の図説

point
足の付け根には、図のようにラインに沿って「リスフラン関節」「ショパール関節」があります。

「足の付け根の関節」鳴らし方

骨川ポキ夫

主に鳴りやすいのは、第1趾のリスフランです。
第1趾側のショパールも、角度によっては、鳴らせます。
第2趾~第5趾のリスフランは、たまに鳴ります。

押す(リスフラン)

リスフラン関節の鳴らし方
一方の手で、リスフラン関節の下を保持しながら、反対の手で第1趾を押します。

押す(ショパール)

ショパール関節の鳴らし方
ショパール関節を鳴らす場合は、ショパール関節の下を保持しながら、反対の手で第1趾の根本を押します。
(動画内で、手を持ち換えたりしているのは、ショパールを狙っている時です。)

「床押し」

床に押し付けて リスフラン関節を鳴らす
床押しでリスフラン関節を鳴らす

骨川ポキ夫

足のMP関節部(図を参考)を、床に押し付けると、テコの原理で、リスフラン関節を鳴らすことができます。
フローリング等で鳴らすと、痛いので注意してください。

手を使わずに曲げるだけ

手を使わずにリスフラン関節を鳴らす

骨川ポキ夫

これは、人によっては難しいかもしれません。
(私も右足しか、ほとんど成功しません)

まずは、足の第1趾をギュッと曲げます。
そこから、リスフラン関節を開くイメージをしながら、勢いよく反らします。
すると、リスフラン関節が鳴ります。

「足の付け根の関節」マイストーリー

ポイント
私が整骨院に勤めていたころの話です。(14年ほど前)
4歳年上の兄弟子あにでしが、「足の手技を教えてやるよ」と言って、この「足の付け根鳴らし」をレクチャーしてくれたのです。

私は、感動しました。
なぜなら、この足の付け根(リスフラン関節)鳴らしは、まったく未知の世界でしたし、なにより、音・衝撃もそこそこあり、気持ち良いからです。
家に帰ってから、自分でマスターするために、何度も練習しました。

今では、「床押し」「手を使わない」バージョンまでマスターするほどになってしまいましたとさ(笑)

4 COMMENTS

Kawaman

僕の左足が地面を踏んだら鳴るので、なにかなと思い、調べてみたらリスフラン関節でした。これができる人は少ないのかなと思ってみてここのサイトにたどり着け、俺以外の人も鳴ると知れたので満足です!!

返信する
honepoki

コメントありがとうございます。
私も、自分以外で「踏み鳴らし」をできる人を知ったのは始めてですw

返信する
juku

私も右足だけですが踏み鳴らしでリスフラン関節を鳴らせます
足の甲を下にして薬指と小指を床に押し付けると第3趾から第5趾まで一気に鳴ります
無意識に出来ていたのですが、このページで詳しく知ることができてスッキリしました

返信する
骨川ポキ夫

コメントありがとうございます。
なるほど、「リスフランの踏み鳴らし」ができる人は、少ないとはいえいらっしゃるのですね。
ちなみに私も、左足のみです。
それと私も、「足指の床押し付け」を鳴らしますが、そちらは「足の指」ページで紹介してますよw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です