「鎖骨」を鳴らす

鎖骨骨ポキグラフ

骨川ポキ夫

こちらでは、「鎖骨の関節」を鳴らす方法についてまとめています。

「鎖骨の関節」動画

「鎖骨の関節」グラフ詳細

 得点解説
1音はすごく小さいです。
衝撃1衝撃もかなり小さいです。
回復力220分~60分
回復は、悪くはないのですが、音・衝撃が小さいので2としています。
鳴らしやすさ1必ず手を必要とします。
ゆ~っくりと押す必要があり、鳴らせる人も少ないと思うので1にしました。
痛み1痛みはありません。
永続性不明この、鎖骨鳴らしを発見してから、まだ3年ほどしか経ってないので、不明とさせていただきました。

「鎖骨の関節」正式名称

鎖骨の関節

point
鎖骨には2つの関節があります。

胸鎖関節きょうさかんせつ
肩鎖関節けんさかんせつ

私が動画で鳴らしているのは、胸鎖関節のみです。

「鎖骨の関節」鳴らし方

押す

鎖骨を押して、鳴らす

骨川ポキ夫

鎖骨(胸鎖関節の付近)を押すと、「ピキキキッ」と鳴ります。
押す方向は、体の後方。もしくは、やや上向き)

たまに、「パキッ」と、良い音が鳴りますが、ほとんどがこの「ピキキキッ」です(笑)
※私の場合ですと、左側の鎖骨しか鳴りません。

「鎖骨の関節」マイストーリー

ポイント
あれは、3年ほど前のことでした。
机に座って、デスクワークをしている時、
何気なく、を机について、鎖骨をマッサージしようと思い、押したのです。

その時、「ピキキキッ・・・」
「なんじゃこりゃー?!」

初めてのことだったので、驚きはしましたが、音・衝撃は弱いので、私の骨ポキ1軍には、入れていません。

でも、デスクワークをしている時は、ついつい、「ピキキキッ」とやっちゃいますけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です